こんばんは、ボクです。

今日は苦笑されるのを覚悟で創作における技術について
自分が思っている事を書きたいと思います。
あぁ、大丈夫です、「はぁ?ペーペーが何偉そうに語ってんのwww」
って言われるのは覚悟しておりますw

何故こんな題材を取り上げたかというと・・・

「自分には技術がなくて良いものが作れない」
「自信をなくした・・・」
「あなたは技術があるから言えるんです」

と言った旨の言葉を最近良く耳にするんですね。

えーとですね・・・結論から申し上げると

ボクには大した技術なんてありませんwww 

それを踏まえた上で聞いて頂きたいんですが
世の中には超絶技術を持ったスーパー作家さん達って大勢いらっしゃって
その方達の作品と比べたら、自分の作ってるものはなんてチャチなんだ・・・と
そんな風にボクだって思ったりしてしまう事もあります。

しかし、そもそもスーパー作家さんの作品と比べる事自体がおこがましいのですよね。
だってボクなんかレジンとか弄り始めたのは今年の1月からなので
まだ1年も経ってないペーペーなんですから。
技術もセンスも知識も、長年作り続けて来た方と年季が違いすぎるんです。
むしろ比べる方が失礼かと。

でもそこで「無理、辞めた」ってなってしまっては何も作れませんし
ちょっとでも憧れの作家さん達に近づきたいという思いがあって
少しづつですが作品を作り続けているんですね。

で、上記の「技術が無い」に対するボクなりのアンサーなんですが
「技術がなければ頭を使えば良いじゃない」
なのです。

超絶技巧をマネするなんて無理無理カタツムリなんですよ。
じゃぁどうするかっていうと、「自分の使える技術でなんとか同じような事が出来ないか?」
を考えるんです。
ボクの大好きな物作り漫画「ホームセンターてんこ」にも以下のような台詞があります。

「あたしにはそんな技術ないけど、なんとかあたしにもできるやり方ないかなーって
いつも考えてるの」


ちょっとしたアイデアで、本当なら何年もかけて技術を身に付けて作るものが
割りと近いものや、イメージしたものが出来たりするんですよ。
当然本物の技術にはクオリティ的に敵わないかもしれませんが
ココで大事なことは、「自分のイメージした物を完成させられる」事にあります。
初めから無理だと諦めて作らないでいると、作品を完成させた喜びも味わえませんし
当然技術も身につきません。

それに・・・技術が無いゆえに新たに開発した作成方法・・・。
それって自分の「オリジナル技法」じゃないですか? 
すげぇ!パイオニアじゃないですか!!
・・・それでいいんですw

あとですね、そんな事を繰り返して試行錯誤していくと
技法ってのは集約されていくもので、以前は「すげぇ・・・こんなのどうやって作ってるんだろう・・・」と
謎だったものが、いつの間にか自分でも同じことをやっていて
ある日「あぁ!あれはこうやって作っていたんだ!!(多分)」ってなるんですよ。
コレは割りと実体験です。

この試行錯誤ってやつは、恐らく終わりがなく、延々と続くと思うのですが
そんな事を繰り返しているうちに、技術も身に付いていくもんだと思っています。
っていうか身に付いていってくれ・・・頼む・・・(ヽ´ω`)

それと自分なりに大事だと思ったことなんですが
「作品を自分用に作るな」
なんですね。

どういう事かといいますと
自分用の作品ってどうしても「まぁ自分用だしいいか」と妥協してしまうんですよね。
経験ありませんか?
ボクは何か作る時に常に「売るつもりで作る」というのを心がけています。

それによって、完成した作品であっても「あそこが気に入らない・・・コレではお金をいただけない・・・」
という思考になって、常にバージョンアップを考えるようになりました。
ボクのフォロワーさんはご存知かもしれませんが、ボクの代表作のポーションも
当初から見ると大幅なバージョンアップと、細かなバージョンアップをずーっと繰り返しています。
それによって作品がブラッシュアップされていって完成度が上がっていくんです。

これ、初期に購入して下さった方からすると
「え?じゃぁ自分が買ったのって未完成品だったのかよ!!」
って言われるのを覚悟して書いているんですが
いや、言い訳させてくださいwちがうんですよ!!

その当時の自分にはそれが最大の力だったのです(;´∀`)
む、むしろボクのデビュー作を持っているとか、レ、レア物ですよ!!


なんて、創作歴1年にも満たないクソペーペーが戯言を書き綴ってみたんですが
ボクが物作りを続けている最大の理由が
「作ったものが褒められたwww超嬉しいwwwもっと褒めてwww」
なので、皆さんも自信が無いとか言わずに、ドンドンネットに作ったものをアップすると良いと思いますよ(*'∀`)
「イイね」があまり付かなければ、「くそう、もっと次はスゲーもん作ってやる(´;ω;`)」と
次回作への原動力にもなりますしね。