Bad Status

2016年01月

ちわっす、ボクです。
さぁいよいよ前回仕込んでおいたレジンがどうなったか確認してみましょう。


IMGP0855
ぎゃああああああああああああああああああ!!!!

 き、気泡がぁ!!!!
レジン挿入口のすぐ横に、仲良くでかい気泡が2つも><
もうこうなったら失敗ですねー(´・ω・`)

あと、細かい気泡が沢山見えるんですが、これは内部の気泡です。
この辺も課題なんですが、泡なので当然上に登っていこうとします。
そのため、気泡が全て上半分に寄ってしまい、下半分はキレイ・・・といった具合になってしまいました。
これは気泡抜きをしっかりやった方が良いんでしょうね。
細かい気泡はドライヤーを当ててレジンを暖めると消えやすいそうです。
その後型に流したほうがいいみたい。

あともう一つ問題が。
今回はラメを混ぜてみたのですが、混ぜたラメがものの見事に底に貯まってしまい
なんだかかっこ悪い事に・・・。
IMGP0857
うう~む(´・ω・`;)
これはどうしたら良いんだろう・・・。
どなたかレジンに詳しい御仁、へるぷみー(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)

というわけで、あきこまの初シリコンでの複製は大失敗に終わったわけですが
いやー、実際に作って失敗するとすごい勉強になるなぁ!
「次はこうしよう、ああしよう」を繰り返して、腕を磨いていきたいと思います!

それではまた~ノシ
 

やぁやぁボクです。
シリコンで型取りの続きをご紹介!

さぁ、前回のシリコンがどうなったでしょうか。
すっかり固まったようなので枠を取り外してみます。
 CY7hQR_UQAA_qWy
周りがバリだらけですねw
丁寧に取り除きましょうね。

さぁ、ではシリコンを剥がしてみましょう。
バリバリバリ~
CY7hnrnUMAAZIFd
をを!?
初めて作った割にはすごくキレイに出来たんじゃないですか!?
変な気泡も入ってないし、これはよさそうです!

後からレジンを流し込む用の穴をナイフで切り欠いて作って
ひとまず型は完成です。

下の写真のようにシリコンが外れたりしないように
輪ゴムで固定して、先ほど作った穴からレジンを流し込みます。

ホントはレジンの気泡が抜けるように、空気穴も作った方がいいんですが
今回はサイズも小さいし、とりあえずこのまま行ってみましょう。
CY7hzmxUMAAAo9F

さぁ、レジンが固まるまでワクワクタイムですねー。
結果は次回、お楽しみに~!
 

どもども、ボクです。
今日はアイロンビーズはお休みして、 最近挑戦しているレジンについてです。

最近 レジンで何かアイテムが作れないかな、と企んでおりまして
練習も兼ねてFFとかに出てきそうなクリスタルを作ってみようと挑戦しています。

レジンで作る以上、まずは原型を作ってそれを型取りし、その後レジンで複製・・・
というのが一般的な作り方だと思います。

そこでまず、ファンドで原型を作ってみました。
CYwjDJLU0AAWT17
※完成品の写真撮り忘れちゃって、まだ表面の処理が荒いですw

ファンドっていうのはいわゆる石膏粘土の事です。
固まった後でも削って形を出すのが比較的楽なので選択してみました。
ただまぁ、後から粘土を追加して盛り上げたりするのが難しいので
ボク的には昔から使っているポリパテの「モリモリ」っていうのが一番使いやすいかも。

そしてコレを原型として、型取りをしていきます。
型を取るには「シリコン」を使います。
シリコンっていうのは、固まると消しゴムみたいになるやつです。
今回は「VANCE VM001 Mr.シリコーン」を使いました。

型取りの詳しいやり方は、専門でやってる方のブログを参照していただくとしてw
うちでは簡単に流れを紹介しておきますねw

下の写真のように、枠の底に油粘土を引き詰め、原型を半分埋め込み
そこへシリコンを流し込みます。
CY1SG_hU0AAzpRjCY1SHJQUEAALsM2

固まったら裏返して、粘土を取り除きます。
CY48iKWUsAAKSM6
ボコボコしてるのは予め割り箸などでへこみをつけておいたからです。
これはあとで型をはめる時のガイドになります。

粘土がキレイに取り除けたら、早速シリコンを流し・・・と行きたいところですが
このままシリコンを流してしまうと、下のシリコンとくっついてしまって剥がせなくなります。
必ず剥離剤(シリコンバリア)を塗りましょう。
51eBqSWpTEL
Mr.シリコーンバリアー


剥離剤が乾いたら、シリコンを再び流し込みます。
CY49Bd6UQAAGoKx
 

さぁ、あとはシリコンが固まるのを待つだけ!
キレイに出来てるといいなぁ

続きは次回。 

新年明けましておめでとうございます、ボクです。

2015年はアイロンビーズと出会い、大きな変化のあった年でした。
 色々と思っていることが今年は形に出来るといいなぁ、と思っております。


というわけで新年のしめ飾りを作ってみました。
IMG_2162

作った後に、「こうすれば良かった、ああすれば良かった」って思うんですよね。
微妙に間違ったところもあるしね

まぁ、そんなこんなで今年もよろしくお願いします! 

このページのトップヘ