さー、ボクですが、今日は一日なにもせずにゴロゴロとしていたせいで
深夜2時になっても寝れないので、 久々にブログでも更新。

主に活動の場がTwitterですし、ブログオンリーのフォロワーさんもいない前提で
お話しをしてしまうのですが、ポーションの今後の展開についてなど
今思っている事をつらつらと書いていきましょうかね。

Twitterでもアップしましたが、ポーションの新パーツが届き、金属製になりました。 
これについては以前からずっと考えていた事なんですが
現パーツはレジン製でして、どうしても塗装に難がありました。
ちょっとぶつけたり落としたりすると塗装がハゲてしまい
レジンのアイボリー色が見えて非常に格好が悪かったのですね。
そして塗装手間も問題でした。

あんなちっちゃいメインでは無いパーツですが、結構手間がかかってまして
簡単に説明すると以下のようになります。

①レジンキャストで複製
②剥離剤除去の為に一つ一つ丁寧に洗浄
③バリなどの除去
④気泡によってあいた穴をパテ埋め
⑤パテ硬化後、ヤスリがけ(※この後、更に発覚した穴埋めの為④に戻る事有り)
⑥再び洗浄
⑦乾燥後、下地の為サフ吹き
⑧下地色の黒で塗装
⑨ゴールドでドライブラシ塗装
⑩トップコートにて表面保護
⑪上パーツに穴を開け、ヒートンの取り付け
⑫組み立て

とまぁ、こんな具合でして、ぶっちゃけ本体部より手間がかかってるんですねw
しかし、金属製にすることにより上記手順の殆どが省ける上に
先程も書いた塗装の剥がれや強度も確保できるという
最初っからそうすれば良かったんじゃねーの?というぐらいに
様々な問題が解決する方法だったんですよ。

しかし、盲点が!
結論から言うと、「コスト」です。
上記手順が省けるので、作業量低下によるコスト削減でお安く提供できるなーなんて
軽く考えていたのですが、金属の鋳造・・・たっけぇ!!!!!
うわはー、これは想定外の金額ですわぁ~(´;ω;`)

現在のポーションは2000~2300円(通販開始記念価格)で販売しているのですが
同じ値段で売った場合、売れば売るほど赤字になりますわ、コレ(血涙

実はポーションのロードマップとして次のような事を考えていました。

・現パーツでのグラデシリーズを終了、今後は単色のみに
・金属パーツ を使った物を「ハイポーション」とし、そちらでのみグラデ展開
・まだ構想段階ですが、とあるモジュールが手に入り次第
 ポーションの上位互換「エリクサー」を作成に着手

という、3種展開を考えていましたが、コストがここまで掛かるとなると
ちょっと考え直さねばならないかなぁ、と。

それとですね、塗装問題も実はある方法で解決出来たっぽいんですよね・・・。
ちょいと発想を転換して実験してみたところ、経過が上々でして
これなら塗装の剥がれを気にしなくても平気かなぁ、と。
更に気泡問題もボク自身のスキルアップによって、ほぼ解決済み・・・。
これならコストを上げずに、手間も減らせるなぁ、と。

ただ、金属パーツを使ったポーション・・・ズッシリとした重みの高級感が
非常に捨てがたいんですよねぇぇぇぇ!
まぁ重みと言っても25g程度なので、言うほど重いわけではないですが(;´∀`)

でもハイポーションの需要があるのか不明で、量産にも踏み切れない・・・。
見た目的には違いがほぼ無いので、安価な旧バージョンの需要ばかりな気もするし。

取り敢えずハイポーションに関しては、イベント限定で出してみようかしら(´・ω・`)
ポーションとは違った付加価値を付けられれば良いんだけど。